Windyは薬袋や在庫、調剤過誤防止システムなどの調剤薬局・医療機関向けのシステムを開発、販売するソフトメーカーです。

お問い合わせ:Windy 電話番号:092-417-1007
日医標準レセプトソフト(ORCA)やHOPEと連動可能な薬袋・手帳・薬情発行システム
ホーム製品紹介病院向けシステム > 薬袋・手帳・薬情発行システム(病院・診療所向け)
薬袋・手帳・薬情発行システムの特長(病院・診療所向け)

日医標準レセプト(ORCA)とHOPEに連動可能

Windyでは2002年より調剤薬局向けに薬袋発行ソフトを販売を行なっております。
その中でユーザー様より様々なご意見をいただきシステムの強化に努めてまいりました。
この度そのソフトを病院・診療所のユーザー様にもお使いいただけるよう、 日医標準レセプトソフト(ORCA)及び富士通HOPEとの連動が可能となりました。
基本機能は調剤薬局用をそのままに、病院・診療所用の機能を追加しております。

日医標準レセプト(ORCA)とHOPEに連動可能

かねてからたくさんのご要望をいただいておりました、入院患者様への薬袋発行が遂に可能となりました。
ORCAのデータベースに直接アクセスすることでClaimでは出来なかった入院用の薬袋が発行が簡単に行えます。
しかも、操作や機能は今までの外来版と同じ。薬剤の写真付・文章付の薬袋ももちろん発行可能です。
メンテナンスも簡単なので安心してご使用・ご運用いただけます。

薬剤画像や情報文の印刷などレイアウトをお好みに設定

当システムからは薬袋、お薬手帳、薬情、水薬ラベルの中から必要な帳票をお選びいただき発行することが可能です。
また、全ての帳票においてレイアウトがお好みで変更できます。

例えば、「薬袋に画像や文章を印字させたい」「薬情に病院のロゴを印字したい」 「文字の大きさや色、表示位置を変えたい」などお好みに合わせてレイアウトの変更が可能です。

操作は簡単!
印刷したい項目をお選びいただき、画面を見ながら位置や大きさを設定するのみ。

手帳、薬情は加算と連動発行

レセコンの入力内に「手帳」及び「薬情」の加算が含まれている場合に、 発行操作を行なわなくても加算に応じた帳票の発行が可能です。※注1)

これにより渡し忘れを防ぐことができます。
また、薬袋に薬剤情報を印刷している場合、 薬情には「薬袋に印刷されていないもの」のみを印字することが可能です。

※注1)この機能は設定によりオフにすることも可能です。
ページの先頭へ
簡単設定で充実機能

簡単接続で自動発行

日医標準レセプトソフト(ORCA)では、CLAIM接続にて「薬袋・手帳・薬情印刷システム」との連動が可能です。

また、HOPEでは自動錠剤分包機接続にて連動を行ないます。※注2

データを送信すると自動で発行が始まります。

※注2)バージョンにより接続できない場合があります。事前にお問い合わせください。

様々なニーズに応じたシステム設定

Windyの「薬袋・手帳・薬情ソフト」ではただ発行するだけではなく、 病院・診療所様のニーズに応じた形で薬袋などの発行を行ないます。

例えば「一包化の連続巻きや反復巻き」「不均等指示や糖尿病薬などを別薬袋に」など、 病院・診療所様のご希望される薬袋を簡単に設定できます。

患者様ごとの設定も可能

Windyの「薬袋・手帳・薬情システム」に搭載している患者マスターを活用していただくことにより、 患者様のニーズに合わせた薬袋を発行する事が可能になります。

「この患者様だけは通常と違う薬袋の発行ルールがある」などでお困りのユーザー様は是非ご活用ください。

薬情の画像や文章の変更も可能

「包装が変わったので薬剤の画像を変更したい」「文章を変更したい」「薬情と手帳の文章の内容を変えたい」など、 薬剤情報に関するユーザー様でのメンテナンスも可能です。
ページの先頭へ